婦人

年齢に合わせたおすすめ基礎化粧品を知ろう|40代の化粧品選び

酸化を未然に防ぐ糖化予防

スキンケア

まずは糖化を予防しよう

老化の最もの原因は、酸化です。活性酸素が増加することによる酸化は、体を錆びさせてしまいます。そのため、アンチエイジングの化粧品の多くが抗酸化作用のある成分を配合していますが、酸化させないためには糖化させないことも重要だとご存知でしょうか。体内に糖が増加してしまうと、細胞内のコラーゲンと結びつき細胞自体を糖化させます。細胞自体が糖化してしまうと酸化を早めることになってしまい、細胞の老化を加速させてしまうのです。そのため、体の酸化を防ぐためには、まずは糖化を防ぐことが重要です。これは肌にも同じことが言えるため、アンチエイジング化粧品を選ぶ際には糖化を予防する成分に注目しましょう。特に血糖値が高い方や太りやすい体質の方は、糖化を予防するアンチエイジング化粧品がおすすめです。

糖化予防に効果のある成分

細胞の糖化を予防する成分には、カルニチンやαリポ酸、桜の花エキス、アポラクトフェリン、サポニン、ビタミンB6、メトホルミン、アルギニンが挙げられます。これらの成分が配合されたアンチエイジング化粧品を使用することで、肌の細胞の糖化を予防することができます。顔がむくみやすい方には、カルニチンがおすすめです。脂肪を燃焼する効果のあるカルニチンは、活性酸素を抑制する効果も持ち合わせています。そのため、糖化と酸化を同時に予防することができるため、美肌になるために非常に有効です。乾燥肌の方には、桜の花エキスがおすすめです。八重桜の花びらから抽出される桜の花エキスは、糖化予防だけではなく、コラーゲン生成促進効果もあります。肌のツヤやハリに必要不可欠なコラーゲンの生成を促進してくれるため、乾燥肌も解消してくれます。

Copyright© 2015 年齢に合わせたおすすめ基礎化粧品を知ろう|40代の化粧品選びAll Rights Reserved.